由緒 千二百年祭 有形文化財 恒例祭 宝物と境内寸描
三笠山 春日神社 1200年祭
晴天に恵まれた千二百年祭 盛大に斎行

総代会を中心として実行委員会を立ち上げたのが平成18年の秋、2年半の歳月をかけて準備をしてきましたが、いよいよ去る4月10〜12日の3日間にわたり、まさしく草地地区氏子をあげて千二百年祭が執り行われました。

初夏を思わせるような日差しと青い空のもと、初日の大祭奉告祭・天皇皇后両陛下御結婚満50周年奉祝祭から始まり、式年大祭と記念式典、各種奉納行事、さらにスタッフを加えると230名の参加者による「大潮汲み神事絵巻」の再現など、多くの参拝者を迎えて盛大裡に終了することができました。

とりわけ潮汲み神事の様子は、テレビ大分や大分合同新聞、また豊後高田ケーブルテレビなどの取材報道が行われました。そして特筆すべきは、本来この行事は雨乞い神事なのですが、乾燥注意報が発令され県下各地で山火事が起きていた中で、大祭翌日の夜から雨になるといった、まさに大神さまの御神威と御嘉納を感ぜずにはおれない行事となりました。以下に期間中の写真を掲載します。

大潮汲み神事の再現
豊栄の舞・式年大祭
草地おどり・こころりあん・「翁舞」・平戸神楽「二剣」・雅楽菅絃演奏・舞楽「陵王」
舞楽「落蹲」
勧学祭・若潮をまく宮司


下記のアドレスからも、1200年祭の様子をご覧頂けます。
あっと こころりあん ブログ 「三笠山春日神社 1200年祭」
豊後高田市 ホームページ 「春日神社1200年祭」


春日神社千二百年祭ポスターを作成しました
賑わい行事の内容が決まりました。雅楽演奏会を含めてすべて見学については無料です。
また、勧学祭についても、草地小学校に限らず新一年生の参拝を歓迎します。
こちらについても初穂料は無料ですので、社務所までお申し込み下さい。
4月10日
午後 4時 ■千二百年祭大祭奉告祭 (於 三笠山本宮)
4月11日
午前10時 ■千二百年式年大祭 (於 三笠山本宮)
午前11時 ■記念式典 (於 草地公民館)
正   午 ■奉納行事  (於 境内神楽殿)
午後4時半
終了予定
・詩吟 詩道会草地分会 ・高田ヤンソ いずみ会 <花柳久鶴一門>
・創作舞 こころりあん  <熊本県玉名市> ・民踊 すえひろ会
・手品 ミスター清原 ・草地踊り 草地踊り保存会
・雅楽演奏会 蓬莱雅楽会  <管絃二曲・舞楽二曲>
4月12日
午前9時半 ■潮汲み神事 呉崎お旅所祭 (於 呉崎お旅所) 行列出発
午前11時 ■潮汲み神事 本殿祭 (於 三笠山本宮) 行列到着
午後零時半 ■勧学祭 (於 三笠山本宮)
午後 1時 ■庄内子供神楽 (於 境内神楽殿)
午後 3時 ■餅まき (於 境内神楽殿)
春日神社千二百年祭ポスターを作成しました
春日神社千二百年祭ポスターを作成しました
いよいよ春日神社千二百年祭まで三か月余りとなりました

平成18年に実行委員会を結成してから逐次諸準備を進めてきましたが、いよいよ来春には式年大祭を迎えることとなります。記念事業である申殿の改修工事につきましても、佐藤敬司・安部良次両総代が棟梁として、立派に工事を終えています。今後はお正月を挟んで本殿の改修工事へと続きます。

また、各記念行事については、詰めの作業に入っており、とりわけ「潮汲み行事」への奉仕者・児童生徒の参加者の取りまとめをめどが付きつつあり、実行委員会として最後の準備段階となっています。
皆さまには変わらぬご支援をお願い致しますと共に、4月10日〜12日の大祭期間中のご参拝をお待ちしています。
(※下記の写真は改修を終えた申殿と、今回の大祭を記念して奉納された真榊台・賽銭箱・吊燈籠です。)

改修を終えた申殿と、今回の大祭を記念して奉納された真榊台・賽銭箱・吊燈籠
春日神社千二百年祭記念碑を建立

本体の募金活動と並行して、安部総代長が発起人となって有志を集い、この度の式年大祭の記念碑を建立するべく準備を進めてきましたが、8月27日に地鎮祭を斎行。工事を請け負った市内田染の河野石材の施工により、9月28日に無事竣功して清め祓い式を執り行いました。竣功式当日は来賓として佐々木敏夫県議が特別に参列されたほか、奉賛者の皆さんや実行委員会役員、また碑の題字を揮毫した草地小学校松崎校長が参列して竣功をお祝いしました。

記念碑は神幸橋を渡ったたもとにある大灯篭の右隣に建立されています。鳥居の手前に並ぶことで、とても参道らしくなりました。

春日神社千二百年祭記念碑を建立
三笠山 春日神社 千二百年祭 行事日程決まる
千二百年祭まであと一年となりましたが、実行委員会では4月25日に総会を開催して期間中の行事日程を決定しました。奉賛金も順調に推移しており、6月末で地区内の寄付分が終了します。また並行して行われた自然石を使った記念碑についても予定を上回る寄付申込みがあり、秋祭り時期を目指して建設の目途がたちました。

総会当日は、安部忠会長の挨拶に続き、総務事務局関係については綾部次男副会長が、営繕関係については近藤法光副会長が、さらに神賑わい行事関係については、この日やむなく欠席した谷口義明副会長に代わって安部会長がそれぞれ経過報告と期間中の概要説明をおこない承認されるとともに、詳細については役員会に一任する意見が出されて閉会、いよいよ具体的に取り組むこととなりました。

この大祭は各奉納行事をご覧頂くともに、大潮汲み神事では氏子さんにご参加をお願いすることとなっています。逐次詳細についてはお知らせして参りますので、何とぞ宜しくお力添えをお願い申し上げます。
 ●4月10日(金) 午後● 大祭奉告祭 
 ●4月11日(土)●
午前10時 千二百年式年大祭
11時 記念式典
午後 1時 神賑わい行事(芸能・詩吟・舞踊等)
3時 草地おどり
4時 蓬莱雅楽会「雅楽舞楽演奏会」
 ●4月12日(日) ●
午前9時半 「潮汲み神事」再現 呉崎お旅所出発
11時 潮汲み行列本社に到着 本殿祭
午後0時半 勧学祭
1時 庄内子供神楽
4時 餅まき・終了
  ◎11日・12日の二日間は参道横の駐車場を利用して「和楽会」による露店が出ます。
三笠山 春日神社 千二百年祭の奉賛活動 順調に進む
前号で、千二百年祭の概要が決まり奉賛の取りまとめにかかった旨の報告をしました。区ごとに自治委員や総代、或いは関係の皆さんがさっそく氏子家々を回ってお願いを申し上げ、二ヶ年募金のうちの初年につき、おかげをもちまして目途がたちました。地区外分についてもお願い状を送付しており、徐々に送金を受け付けています。また、この奉賛事業本体とは別に、自然石を使った「千二百年祭記念碑」を参道に建立するべく、有志を募っての別途募金も行なわれており、現在数名からの申し込みがあって、これまた着工の目途がたちつつあります。

来春になりますと大祭まで残り一年となることから、いよいよ申殿の改修工事を始めとして、各行事の詳細を決定しての準備段階に入ります。氏子崇敬者皆さんには何とぞ重ねてのご理解ご協力のほどお願い申し上げる次第でございます。

尚、上記の記念碑のほかにも、記名して後世に残すことの出来る奉納品を受け付けていますので、宮司または総代までお気軽にお尋ね下さい。
三笠山 春日神社 千二百年祭の概要決定し奉賛活動を開始
昨年9月に実行委員会が発足し、その内容につき検討を開始していましたが、本年1月の総会で概要を決定。2月には趣意書の配布とともにいよいよ奉賛活動が開始されました。

平成14年度に終了した「平成の大改修事業」からわずか5年をおいて行う式年大祭であり、氏子崇敬者の皆さまに出来るだけご迷惑をかけないようにと計画しました。ただ、千年祭・千百年祭と先人が積み重ねてきた記録があるだけに、今回も先人にそして子孫に誇れる大祭にしたいと、実行委員会一丸となって取り組んでいます。何とぞご理解の上お力添えを切にお願いします。
期日 平成21年4月10日11日12日
内容 1、千二百年式年大祭の執行
2、豊後高田市文化財
「大潮汲み神事絵巻」の再現執行
3、本殿・申殿他の改修工事
4、期間中の神賑行事
経費 900万円(氏子崇敬者に奉賛依頼)
金額の多少にかかわらず、おひとりでも多くの方のご奉賛をお願いしています。また、お名前を永代に記して残す燈籠や神具などのご奉納も受け付けています。重ねてお願い申し上げる次第でございます。